入社退社

2か所の会社の監査役を兼任することになりましたが、それぞれの会社の社会保険の手続きはどのように行えばいいのでしょうか。

二か所以上の会社で働く従業員は、両方で被保険者の要件(勤務時間と日数が一般従業員の対外3/4以上になること)を満足させることは少ないです。
しかし、従業員でない役員は、2か所の会社以上で被保険者になるケースがあります。月1回の役員会に出席などをする社外取締役などで、経営に大きい影響を与えないようなケース以外、報酬を合算して計算を行うことが原則です。
例として、「イ」社から300,000円、「ロ」社から500,000円の報酬をもらうときは、両方の報酬を足し合わせて報酬の月額を算出し、保険料は各会社の報酬月額で按分することになります。

「二以上事業所勤務届」の提出は、一か所の会社ですでに標準補修月額が上限に到達している時も必要となります。上限額で計算された保険料が、各会社の報酬月額で按分されることになります。
詳しい手続きは、新たに役員となった事業所の健康保険組合と管轄年金事務所に「被保険者資格取得届」事実が発生した日から5日以内に出して、さらに10日以内に「被保険者所属選択・二以上事業所勤務届」を選択した管轄年金事務所などに出すことで成立します。

関連記事

  1. 定年退職した社員を再雇用する時、年休はどのように計算すればいいの…
  2. 作成した就業規則は、従業員に周知しなければならないでしょうか。
  3. 従業員の雇用形態を問わず、業務内容を全く同じようにすることはでき…
  4. 25年前に作成された就業規則を使っています。近頃就業規則が古くな…
  5. パートタイマーを正社員として雇用したいのですが、この場合の試用期…
  6. 店の従業員として、高校生をアルバイトで雇用しようと思います。この…
  7. 内定した人に対して、仕事を始める前に研修を行いました。この研修期…
  8. 内定が決まった従業員に対して、入社する時に一概として住民票のコピ…
2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP