入社退社

海外に赴任する従業員に対する労災加入は、どのようにすればいいのでしょうか。

海外赴任者の労災適用は、「海外派遣」か「海外出張」かによって異なります。海外出張の時は、別の手続きを行わなくとも、労災保険の適用対象になり、赴任途上の災害も保険給付がされます。
しかし、海外派遣(滞在期間を問わず、海外の事務所に属され、当該の事業場の使用者の指揮によって勤務すること)のときは労災保険の適用対象になりません。現地で業務上の病気や怪我が生じても、保険給付がされません。
海外派遣の例には、下記のようなものがあります。
*海外の支店、営業所などに転勤を行うとき
*海外関連の会社(合弁会社、現地の法人、提携先の企業など)に出向する時
*海外て建設工事や据付工事を行う業務に務めるとき

このため、海外に赴任する十魚員に対する労災保険は、赴任させる前に特別加入申請書を管轄労働基準監督署に出す必要があります。赴任してからは救済が出来ません。
すでに海外派遣をしている従業員の特別加入は出来ますが、現地で採用した従業員の特別加入は不可能です。留学を目的としている海外派遣も、海外の業務に従事しているわけではないため、特別加入は不可能です。
最後に、労働基準法は日本内にある事業だけが適用対象になります。

関連記事

  1. 60歳の定年に達して退職した人を再雇用しようと思います。この時労…
  2. 入社するときは示していなかった転勤をさせることは可能でしょうか。…
  3. 新たに入社した従業員に対する社会保険のスムーズな手続きのポイント…
  4. 内定が決まった従業員に対して、入社する時に一概として住民票のコピ…
  5. 業績不振を理由とする給与のカットは、認められるのでしょうか。
  6. 2か所の会社の監査役を兼任することになりましたが、それぞれの会社…
  7. 作成した就業規則は、従業員に周知しなければならないでしょうか。
  8. 労働契約を締結する時、契約の期間はどれくらいに設定すればいいので…
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP