入社退社

正社員の従業員をパートタイマーの契約に変更しようと思います。この場合、会社からの一方的な通知で行ってもいいのでしょうか。

労働契約に関して、法律では、「労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立する」と定義されています(労働契約法第6条)。つまり、労使の両方の合意を経て成り立つものであることを受け、片方からの一方的な契約変更はできないことが原則となっています。
パートタイマーは、その名称がアルバイトであれ契約社員であれ、1日8時間の日給月給制と1日8時間に満たない時給では、労働条件が違ってきます。このような場合、契約事項を変更するのではなく、正社員としての元の契約を解除して、新しいパートタイマーとする契約を結ぶということになります。

このような形は、正社員を解雇することに当たることから、合理性・客観性と社会通念性を考慮しなければなりません。また、業績不振の解雇である時は、従業員に責任がないことを受け、「整理解雇の4要素」で判断されるようになります。
余剰人員を全部抱えることが不可能となり、やむを得ない状況であれば、こういった会社の状況などを従業員に詳しく説明して、退職金の積み増しなどの補償を提示しながら従業員の合意を得ることがポイントとなります。

関連記事

  1. 派遣社員に、労働契約にない業務を行わせることは可能なのでしょうか…
  2. 営業職の従業員を事務職に配置転換させようと思いますが、このとき注…
  3. 労災保険の加入はどのようにすればいいのでしょうか。
  4. 従業員の身元を保証する身元保証書の有効期間は、どのように考えれば…
  5. 派遣社員を長期間にわたって受け入れたいと思うのですが、期間に上限…
  6. 在宅勤務の形をとりたいと思います。この場合、在宅勤務者と結ぶ契約…
  7. 60歳の定年に達して退職した人を再雇用しようと思います。この時労…
  8. 作成した就業規則は、従業員に周知しなければならないでしょうか。
2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP