入社退社

作成した就業規則は、従業員に周知しなければならないでしょうか。

就業規則は、作成しただけでは意味がなく、全従業員に周知することで効力が生じます。過去の裁判例(フジ興産事件:2003年10月10日‐最高裁)で も、「就業規則が法的規範としての性質を有するものとして、拘束力を生ずるためには、その内容を適用を受ける事業場の労働者に周知させる手続きが採られて いることを要する」という判断があります。
これを受け、就業規則で定められている懲戒規定でも、周知されていない規定ならば規定自体が効力を失われます。周知に関しては、労働基準法第106条に規定があり、これを違反すると、300,000円以下の罰金が賦課されます。
周知の方法は、おおむね下記のような方法があります。
1)常時各作業場の見やすい場所へ掲示、または備え付けること
2)書面を従業員に交付すること
3)パソコンのデータを共有すること

就業規則は変更する場合もあり、社外に持ち込まれることなどに気を付けたい場合は、就業規則のコピーより、就業規則を見やすいところに備え付けるなどを取った方が望ましいと言えるでしょう。

関連記事

  1. 親会社に勤めていた従業員を子会社に転籍させようと思います。この場…
  2. 社会保険の加入を、本人の希望のよってさせずにおくことは可能なので…
  3. 在籍出向の形態で出向させた従業員の体調が崩れているようです。この…
  4. 従業員の雇用形態を問わず、業務内容を全く同じようにすることはでき…
  5. 試用期間が過ぎた後、社会保険を加入させようと思いますが、これは問…
  6. 新たに入社した従業員に対する社会保険のスムーズな手続きのポイント…
  7. アルバイトも社会保険に加入させなければならないでしょうか。
  8. 入社する前に研修を進行している途中、参加者が怪我をしてしまいまし…
2019年3月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP