入社退社

試用期間中の労働条件はどのように決めればいいのでしょうか。

会社側としては、従業員の試用期間中に関して一人前の仕事をこなすことができていないとして、残業代の支払いなどが納得しがたいところがあると思われます。ただし、試用期間中でも、労働契約が成り立っていれば、労働基準法の適用対象となります。本採用をされた後の従業員と同じく、時間外労働に関しては割増賃金の支給が必要です。時間外労働は、法定労働時間を超過して労働させる時間をいいます。
たとえば、試用期間中である従業員の給与が千円だと仮定すると、1日8時間を超過して残業した時間に関しては25%が増した賃金の支払いが要求されます。
近頃、未払い残業代にかかわるトラブルが増加しています。勤怠管理を適切に行うことがポイントとなります。

関連記事

  1. 2か所の会社の監査役を兼任することになりましたが、それぞれの会社…
  2. 社員を正社員から請負契約に変えたいと思いますが、注意すべきポイン…
  3. 入社するときは示していなかった転勤をさせることは可能でしょうか。…
  4. 従業員の副業は、一律に禁止することができるのでしょうか。
  5. 新たに入社した従業員に対する社会保険のスムーズな手続きのポイント…
  6. 入社する前に研修を進行している途中、参加者が怪我をしてしまいまし…
  7. 内定した人に対して、仕事を始める前に研修を行いました。この研修期…
  8. 労働条件の通知は、必ず書面でしなければならないのでしょうか。
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP