入社退社

試用期間中の労働条件はどのように決めればいいのでしょうか。

会社側としては、従業員の試用期間中に関して一人前の仕事をこなすことができていないとして、残業代の支払いなどが納得しがたいところがあると思われます。ただし、試用期間中でも、労働契約が成り立っていれば、労働基準法の適用対象となります。本採用をされた後の従業員と同じく、時間外労働に関しては割増賃金の支給が必要です。時間外労働は、法定労働時間を超過して労働させる時間をいいます。
たとえば、試用期間中である従業員の給与が千円だと仮定すると、1日8時間を超過して残業した時間に関しては25%が増した賃金の支払いが要求されます。
近頃、未払い残業代にかかわるトラブルが増加しています。勤怠管理を適切に行うことがポイントとなります。

関連記事

  1. インターンシップ制度を利用しようとしています。このインターンシッ…
  2. 入社する前に研修を進行している途中、参加者が怪我をしてしまいまし…
  3. 海外に赴任する従業員に対する労災加入は、どのようにすればいいので…
  4. 入社するときは示していなかった転勤をさせることは可能でしょうか。…
  5. 採用のため希望者から履歴書を貰いましたが、不採用となった人の履歴…
  6. 派遣社員を直接面接することはできるのでしょうか。
  7. 内定した人に対して、仕事を始める前に研修を行いました。この研修期…
  8. 労働契約を更新する時、注意しなければならないところには何があるの…
2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP