入社退社

試用期間中の労働条件はどのように決めればいいのでしょうか。

会社側としては、従業員の試用期間中に関して一人前の仕事をこなすことができていないとして、残業代の支払いなどが納得しがたいところがあると思われます。ただし、試用期間中でも、労働契約が成り立っていれば、労働基準法の適用対象となります。本採用をされた後の従業員と同じく、時間外労働に関しては割増賃金の支給が必要です。時間外労働は、法定労働時間を超過して労働させる時間をいいます。
たとえば、試用期間中である従業員の給与が千円だと仮定すると、1日8時間を超過して残業した時間に関しては25%が増した賃金の支払いが要求されます。
近頃、未払い残業代にかかわるトラブルが増加しています。勤怠管理を適切に行うことがポイントとなります。

関連記事

  1. 外国人労働者は、社会保険に加入させる必要があるのでしょうか。
  2. 派遣社員を長期間にわたって受け入れたいと思うのですが、期間に上限…
  3. 従業員の副業は、一律に禁止することができるのでしょうか。
  4. 就業規則を決めるとき、モデル就業規則をほぼそのまま使用したいと思…
  5. 労災保険の加入はどのようにすればいいのでしょうか。
  6. 新たに入社した従業員に対する社会保険のスムーズな手続きのポイント…
  7. 外国人を雇用しましたが、後で調べてみたら不法就労をしていることが…
  8. 社員を正社員から請負契約に変えたいと思いますが、注意すべきポイン…
2019年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP