入社退社

入社する前に研修を進行している途中、参加者が怪我をしてしまいました。これは労災になるのでしょうか。

入社前の研修の事故は、その内定者に労働者性があるかによって労災保険の適用が決められます。もし、その研修の参加が任意で、マナーや一般常識の講習を教えるための研修である場合は、労働者性がないと認められ、手当が支給されても恩恵的なものとなります。しかし、会社には安全配慮義務があるため、その災害に会社側の責任があれば損害賠償を負う可能性があります。
過去の裁判例でも、安全配慮義務に対して下のように定めています。(自衛隊車両整備工場事件;1975年2月25日 最高裁)
「ある法律関係に基づいて特別な社会的接触の関係に入った当事者間において、その法律関係の付随義務として当事者の一方又は双方が相手方に対して信義則上負う義務として一般的に認めれるべきもの」
一方、参加が義務となっていて、入社してから必要とされる業務知識などの研修である場合は、その研修は労働時間となり、給与の支給もしなければならなくなります。
また、労災保険の適用対象になるためには、下記の要件が必要となります。
(1)業務起因性:災害が生じていた時に労働者が使用者の管理下・支配下に置かれていること
(2)業務遂行性:災害と研修との間にある程度の印加関係が認められること

関連記事

  1. 従業員の雇用形態を問わず、業務内容を全く同じようにすることはでき…
  2. 業績不振を理由とする給与のカットは、認められるのでしょうか。
  3. 新たに入社した従業員に対する社会保険のスムーズな手続きのポイント…
  4. 従業員の身元を保証する身元保証書の有効期間は、どのように考えれば…
  5. 親会社に勤めていた従業員を子会社に転籍させようと思います。この場…
  6. 雇用契約書は、必ず交わす必要があるのでしょうか。
  7. 外国人労働者は、社会保険に加入させる必要があるのでしょうか。
  8. 従業員の副業は、一律に禁止することができるのでしょうか。
2019年1月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP