入社退社

在籍出向の形態で出向させた従業員の体調が崩れているようです。この場合、出向先に責任を問うことができるのでしょうか。

出向は、出向させる側の従業員が出向先の命令・指揮をされて就労する形態のことで、その種類は「離籍出向」と「在籍出向」の2種類があります。在籍出向は、出向させる会社との雇用関係を惹き続けたまま出向先の命令を受けることで、離籍出向は出向させる会社との労働契約を解消して、出向先と新たな労働契約を締結することをいいます。
体調などを崩してしまった従業員は、その雇用関係によって責任関係も変わります。この事例では在籍出向の形をとっているため、責任関係は出向先ではなく、出向させた会社にありますが。実際に業務の命令などを出したのは出向先であるため、一次的には出向先が安全配慮義務を持っています。しかし、出向させた会社にも一定程度責任が問われ、過去の裁判例でも(大成建設事件―1974年3月25日:福島地裁)「「安全配慮義務は、まず労働に関する指揮命令権の現実の帰属者たる出向先においてこれを負担すべきものであるが、身分上の雇用主たる出向元も、当然にこれを免れるものではなく、出向社員の経験、技能等の能力に応じ出向先との出向契約を介して労働環境の安全に配慮すべき義務を負う」となっています。

要約すると、安全配慮の義務は出向先が持ちますが、詳しい措置を設けずに放置した時は、出向させた会社も安全配慮の義務を問われるケースが多いです。出向させた従業員の状況を把握するようにし、問題が発見されたら直ぐ対処をすることがポイントとなります。

関連記事

  1. 従業員に対する試用期間は、延長が可能なのでしょうか。
  2. 2か所の会社の監査役を兼任することになりましたが、それぞれの会社…
  3. 雇用契約書は、必ず交わす必要があるのでしょうか。
  4. 60歳の定年に達して退職した人を再雇用しようと思います。この時労…
  5. 親会社に勤めていた従業員を子会社に転籍させようと思います。この場…
  6. パートタイマー用の就業規則を決める時も、従業員の意見が必要なので…
  7. 営業職の従業員を事務職に配置転換させようと思いますが、このとき注…
  8. 労働条件の通知は、必ず書面でしなければならないのでしょうか。
2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP