入社退社

労災保険の加入はどのようにすればいいのでしょうか。

労災保険は、業務上・通勤途中の病気・怪我・死亡・障害に関して災害補償をする国の保険のことをいいます。労災保険は、労働者を1人でも使う事業は、その業種の規模にかかわらず、すべてに適用することが原則となっています。労災保険の労働者の定義は職業の種類にかかわらず、事業に重視している人で、給与を支給される人となっていることから、パートやアルバイトなどの雇用形態や、所定労働時間数も問いません。たまに、労災は正社員だけに適用されると思われる場合がありますが、1日だけのアルバイトでも労災保険給付の対象に含まれます。

従業員が1人でもいれば、管轄労働基準監督署に「保健関係成立届」を出さなければなりません。
この手続きが遅くなり、労働災害が起きれば、賃金日額10,000の従業員が労災で死亡され、労災から遺族補償一時金の支払いをするようになったときは、保険給付の100パーセントが費用として徴収され、会社からの負担額は10,000,000円まで上がってしまいます。

また、最大2年間にさかのぼる労働保険料と1割の追徴金が徴収されます。
加入指導を受けなくとも、事業が開始された日から1年過ぎて労災に加入していないときは、保険給付の4割が費用徴収されます。労災保険に加入しないことは、会社のリスクにも直結します。

関連記事

  1. 従業員の身元を保証する身元保証書の有効期間は、どのように考えれば…
  2. 在宅勤務の形をとりたいと思います。この場合、在宅勤務者と結ぶ契約…
  3. 内定した人に対して、仕事を始める前に研修を行いました。この研修期…
  4. 定年退職した社員を再雇用する時、年休はどのように計算すればいいの…
  5. パートタイマー用の就業規則を決める時も、従業員の意見が必要なので…
  6. 管理職を中途で採用しようと思います。この場合注意しなければならな…
  7. 外国人を雇用しましたが、後で調べてみたら不法就労をしていることが…
  8. 社会保険の加入を、本人の希望のよってさせずにおくことは可能なので…
2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP