入社退社

採用のため希望者から履歴書を貰いましたが、不採用となった人の履歴書をシュレッダーにかけました。これに関して何か問題になりそうなことはないのでしょうか。

職業安定法第5条の4によると、「業務の目的の達成に必要な範囲内で求職者等の個人情報を収集し、並びに当該収集の目的の範囲内でこれを保管し、及び使用しなければならない」というのがあります。個人情報保護法第16条でも、個人情報を5千件以上扱う事業者は、目的の範囲を超過して個人情報を取り扱うことは禁じられています。
不要となった個人情報に関しては、本人に返却することが強制されてはいないので、不採用になった応募者の書類の返却はしなくとも大丈夫です。
ただし、不採用によって要らなくなった応募者の履歴書等の原紙は、不採用通知と一緒に返却するのが通常です。個人情報に対する意識が高くなっていることを受け、個人情報保護の信頼を得るために、返却することが望ましいと言えます。返却しない場合は、前もって応募者に対して、責任を以て破棄するという内容を伝えておく必要があります。
会社から情報が洩れて本人に損害が有ったら、損害賠償責任が生じます。応募者の情報も慎重に管理する必要があります。

関連記事

  1. 試用期間中の労働条件はどのように決めればいいのでしょうか。
  2. 労災保険の加入はどのようにすればいいのでしょうか。
  3. 労働契約を締結する時、契約の期間はどれくらいに設定すればいいので…
  4. 外国人労働者は、社会保険に加入させる必要があるのでしょうか。
  5. 従業員の副業は、一律に禁止することができるのでしょうか。
  6. 労働者代表の選出はどのようにすればいいのでしょうか。
  7. 外国人を雇用しましたが、後で調べてみたら不法就労をしていることが…
  8. 派遣社員を長期間にわたって受け入れたいと思うのですが、期間に上限…
2019年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP