入社退社

従業員の雇用形態を問わず、業務内容を全く同じようにすることはできるのでしょうか。

従業員の区分に関する法的規定はありません。そのため、会社では独自に嘱託社員・アルバイト・パートタイマー・契約社員・準社員の定義をし、拡労働条件を決めています。これによって、雇用期間の制限がなくとも契約社員と呼ばれるケースや、フルタイムで勤務している従業員をパートタイマーと呼ぶこともあります。
正社員以外の従業員がいたら、従業員の区分をはっきりつけて、各労働条件にあう規定を設けることがポイントです。区分を明らかにしないと、会社と各労働者の常識が違っていることが火の元となり、トラブルに発展する可能性があります。
パートタイム労働法によると、パートタイム労働者とは「ー週間の所定労働時間. が同一の事業所に雇用される通常の労働者のー週間の所定労働時間に比べて. 短い労働者」となっています。正社員の所定労働時間が週40時間であれば、週40時間未満の人はアルバイトや契約社員などの名称を問わず、「パートタイム労働者」になります。

下記の3つの要件に当てはまるパートタイマーは、パートタイム労働法第8条により福利厚生施設の理容や教育訓練の実施、賃金の決定に関する差別が禁止されます。

(1)「職務内容」が正社員と同一であるか
(2)契約期間に制限がないか、自動更新などでそれと同様であると考えられる状態であるか
(3)職務内容が同一である時、「配置転換・転勤などの人材活用の仕組み・運用」が同様であるか

関連記事

  1. 採用選考を行って内定を決めましたが、その直後会社の業績が悪化して…
  2. 2か所の会社の監査役を兼任することになりましたが、それぞれの会社…
  3. 労働者代表の選出はどのようにすればいいのでしょうか。
  4. 入社するときは示していなかった転勤をさせることは可能でしょうか。…
  5. 求人の広告に載せた給与条件は、実際の雇用の際にそのまま適用しなけ…
  6. 親会社に勤めていた従業員を子会社に転籍させようと思います。この場…
  7. 派遣社員を直接面接することはできるのでしょうか。
  8. 就業規則を作成しましたが、パートタイマーに対する就業規則の作成を…
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP