入社退社

労働者代表の選出はどのようにすればいいのでしょうか。

時間外労働に関する36協定や就業規則を作成・変更するときなど、各種労使協定を締結する時は、会社側に対する相手側として過半数の労働者を代表する人の選出が必要となります。この選出をする時は、下記の要件を全て満足させる必要があります。

1)管理・監督の地位にある者でないこと
2)選出理由を予め全社員に説明し、それから選出すること
3)選出方法は、挙手、投票などによること
4)法律に規定する協定などを行う人の選出であることを明確にすること

選 出は、挙手や投票以外にも、持ち回り決議や労働者同士の話し合いなど、過半数の労働者が代表になろうとする労働者を支持していると考えられる方法で行えれ ば構いません。しかし、親睦会の代表者や一定役職者を労働者代表にしたり、会社側が一方的に指名するなどのことは不可能です。
選出の方法はあくまでも民主的で行う必要があることがポイントとなります。

関連記事

  1. 在籍出向の形態で出向させた従業員の体調が崩れているようです。この…
  2. 内定が決まった従業員に対して、入社する時に一概として住民票のコピ…
  3. 内定をされた従業員が、辞退をしたいと言いかけてきました。この場合…
  4. 作成した就業規則は、従業員に周知しなければならないでしょうか。
  5. 労働条件の通知は、必ず書面でしなければならないのでしょうか。
  6. 就業規則に従って、労働条件を変更させたいと思いますが、この場合も…
  7. 従業員の身元を保証する身元保証書の有効期間は、どのように考えれば…
  8. 内定した人に対して、仕事を始める前に研修を行いました。この研修期…
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP