入社退社

従業員の副業は、一律に禁止することができるのでしょうか。

民間企業に務めている社員が副業をすることに対する労働法の規定はありません。就業時間外であれば、何をしようと社員の自由になるので、副業をしていても かまわないことが原則です。ところが、副業禁止の事項を定めている企業のケースが圧倒的に多いです。その根拠では、下記のようなことがあります。
*技術情報・顧客情報の漏洩の可能性
*休日出勤・残業の命令ができなくなる
*心身の雑念・疲労の影響で本業に差支えが出る可能性

た だし、ボーナスカットや賃金カット、残業の削減などで従業員の収入減に対する施策の一環として、副業を認める会社も増加して居ます。アフィリエイトやネッ トショッピングのようにインターネットを使用して収入をもらうことも手軽になってきて、休日や余暇を使用して副業をしたいと思う人も増加しています。
過去の裁判例では、就業時間以外であれば基本的に労働者に委ねられているので、全面的に副業を禁ずることは適切でないという前提があります。就業規則で禁止することが可能な副業は、労働の提供に差支えがあり、会社の秩序を乱すような時に限られる規定を置くことが普通です。
副業をしないようにしたい場合は、会社の届出制や許可制として認める解禁体制にすることもありますが、関連規定に自社と競争するような副業、本業に差支えがある副業、本社の肩書や会社名の使用などを禁止し、疲労の蓄積と情報漏洩が生じないように指導することが必要です。

関連記事

  1. 就業規則を作成しましたが、パートタイマーに対する就業規則の作成を…
  2. 従業員の身元を保証する身元保証書の有効期間は、どのように考えれば…
  3. 元請けの都合で、契約社員に休日出勤を命じましたが、これに対して社…
  4. 派遣社員を直接面接することはできるのでしょうか。
  5. 入社する前に研修を進行している途中、参加者が怪我をしてしまいまし…
  6. アルバイトも社会保険に加入させなければならないでしょうか。
  7. 労働契約を更新する時、注意しなければならないところには何があるの…
  8. 労災保険の加入はどのようにすればいいのでしょうか。
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP