在宅勤務

  1. 在宅勤務の形をとりたいと思います。この場合、在宅勤務者と結ぶ契約は業務委託契約になるのでしょうか。

    民法第656条の定義による業務委託は、委託者によって特定業務を処理することを委託され、他の人の命令・指揮を受けることなく、自分の道具を使用して、委 託者に特定業務を処理するということです。委託者から依頼を受けて業務をする人は個人事業主となり…

おすすめ記事

  1. 2か所の会社の監査役を兼任することになりましたが、それぞれの会社の社会保険の手続きはどのように行えばいいのでしょうか。
  2. 労災保険の加入はどのようにすればいいのでしょうか。
  3. 医療法人のうち基金拠出型法人と経過措置型法人がありますが、両法人の異なる点について教えてください。
  4. 採用選考を行って内定を決めましたが、その直後会社の業績が悪化して新たな社員を採用することが難しくなりました。この場合、内定を取り消すとリスクが発生するのでしょうか。
  5. 従業員の身元を保証する身元保証書の有効期間は、どのように考えればいいのでしょうか。
  6. 就業規則の社内恋愛禁止の項目を入れようと思います。これに関して問題になるようなところはあるのでしょうか。
  7. 試用期間中の従業員の態度が悪くて、試用期間が終われば本採用をしないつもりです。この場合、これは解雇になるのでしょうか。
  8. 店の従業員として、高校生をアルバイトで雇用しようと思います。この時に注意しなければならない点について教えて下さい。
  9. 採用のため希望者から履歴書を貰いましたが、不採用となった人の履歴書をシュレッダーにかけました。これに関して何か問題になりそうなことはないのでしょうか。
  10. インターンシップ制度を利用しようとしています。このインターンシップ制度が適用される学生に対する給与は、どの程度の額数を支給すればいいのでしょうか。

ランキング

2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP